不動産の賃貸契約

不動産を大家と直接契約

不動産における大家との直接契約

不動産を契約する際には通常は大家との間に仲介業者を入れて契約するものです。しかし、その仲介手数料が惜しいと、直接契約を行う場合があります。この場合には仲介手数料の他更新手数料など、本来仲介業者に取られる諸費用が安くなったり、更新の手間が無いなどのメリットがあります。その為、不動産の直接契約を希望する人も多いものですが、大家との間で揉めた場合には間に入ってくれる人がいないため、その揉め事が収拾がつかなくなる危険があります。又、修繕や退去時の退去費用の問題など、仲介業者がいないので問題になる危険が有るので注意が必要です。

大家となることで収益を得られる

大家として不動産を賃貸に出すことで、賃料収入を得ることが可能となります。その分最初に投資をする必要がありますが、以後は必要に応じて維持・管理をしていけばよいため、立地や設備が優れている物件であれば、安定した収益を見込むことも可能です。そのため、土地を持っている人が建物を建てて賃貸に出すなどの資産運用が今注目を集めています。これらの投資は最初に大きな費用が掛かりますが、失敗した場合でも最悪不動産を売却すれば、ある程度の投資を回収することが可能であるため、リスクは思いのほか低いという特徴があります。

↑PAGE TOP