不動産と管理会社

不動産の管理は管理会社に

管理会社による不動産の管理

アパートやマンションなどの大家さんにとって、その管理は結構手間のかかることです。共有部分の掃除や、壊れた部分の修理など、細々としたメンテナンスが求められます。所持している物件のすぐ近くに住んでいる場合は自分自身で対処することも可能ですが、遠くに住んでいる場合、トラブルが起こる度に駆けつけていては、時間ばかりがかかってしまいます。そのような場合、管理会社に一定の料金を支払うことで、大家の代わりにその不動産のメンテナンスを代行してくれます。管理会社を上手に使えば、不動産経営が今までよりももっと簡単になります。

不動産を賃貸する大家について

不動産には、当然ながら持ち主となるオーナーがいます。オーナーが企業である場合と、個人である場合があります。一般的に、個人の不動産のオーナーを大家と呼んでいます。アパートやマンションを貸す権利のある人です。そこに、仲介として宅建業者が入り、入居者の斡旋や賃貸借契約書の作成などの仕事をします。昔は、大家と部屋の借主は、親同然くらいの繋がりがありましたが、現在では、原状回復義務や家賃不払いなどのトラブルが、両者の間で発生することもあり、管理会社に物件と入居者の管理をゆだねてしまうことが多くなっています。

↑PAGE TOP