不動産の確認方法

不動産を確認するには

不動産の確認方法について

不動産の対義語は動産ですが、持ち歩いたり、名前を書いておくことができない不動産の、所有権や抵当権などの状況は登記をすることになっています。 登記は”公示制度”といって、所有者をはじめとした情報をおおやけ(公)に示すことを目的とした制度であり、登記簿謄本は、手数料を支払えばだれでも閲覧したり、交付請求をすることができます。 売買契約や抵当権の設定(借り入れの担保にする)前には、登記簿で物件の確認をすることが重要です。

↑PAGE TOP