不動産を借りる際に

不動産の賃料を大家と交渉

不動産賃料は交渉で値下げ可能

不動産の賃料や敷金、礼金の設定は、大家さんが業者と相談をしながら、近隣相場を参考に決めていることが多いので、交渉次第では値下げしてもらうことができることがあります。新築など人気が高い物件では、値下げをしてもらうことが難しいですが、現在、空室となっている物件などの場合は、大家さんとしても早く借りてほしいと考えていることが多いので、値下げ交渉もしやすいでしょう。また、現在住んでいる不動産であっても、契約更新の時期になれば、引っ越してしまう人も多くなるので、比較的値下げの依頼に応じてくれるオーナーも多くなります。

大家さんとはどんな職業か

大家さんとは、一般的に所有しているアパートやマンションなどの不動産を第三者に貸しに出すことで家賃収入を得ている人のことを指します。賃貸物件を借りる際には必ず賃貸借契約書を結びますが、その貸主に当たる人のことです。実際に手続きをするのは業者さんであることが多いですが、契約を締結する相手になります。人に部屋を貸すことで収入を得られるとともに、安全に建物を使用してもらえるように備え付けの設備に不良があれば修理や交換をする義務を追います。また、そのような不動産を所有している人自体を大家さんと呼ぶこともあります。

↑PAGE TOP