収益物件はよく考えて

収益物件で損をしない

収益物件の運用で資産運用

不動産の中でも収益物件が長期的な収入を得る手段として注目されています。これは毎月一定の賃貸収入があるアパートやマンション、テナントビルなど投資した不動産の家賃収入から収益を得る目的で購入する物件を指します。当然、購入すべきは利回りの良い長期的に安定した物件が望ましいわけです。その視点で見ると新築や中古は問いませんが、一般的には購入するだけの十分な価値運用益を見込まれる場合を除いては、新築よりも中古物件の方がメリットはあるとされています。

↑PAGE TOP