都市部と地方の不動産

都市部と地方の不動産では

不動産の需要は減っているの?

不動産の需要は減っているという意見があります。都心部に人は集中しているので、都心部の土地はあいかわらず価値が高いです。しかし、人口が減少している地方では、物件を売ろうとしてもなかなか売れないということもあるようです。 今後少子高齢化はますます進行していくので、土地や建物を購入する時には気をつけておくべきでしょう。価値がゼロになるということはありませんが、需要がないエリアで不動産を購入してしまうと、価値が大きく落ちてしまう可能性もあります。

不動産投資をする上での借入れ

不動産投資をする上でまず重要なのが、自分で使うのか、賃貸して収入を得るのかということです。どちらにしても、取得するには資金が必要となりますが、前者の場合は一般的に、住宅ローン、後者の場合は、事業としてのアパートローンなどとなりあります。また、どちらも借り入れ期間の間、その物件自体を借入資金の担保として供することが一般的で、返済が完了するまでは、実質的には自分の物ではないということです。計画を綿密にたて関西を目指しましょう。

↑PAGE TOP